• ホーム
  • シアリスの副作用は軽い?正規品はクリニックで入手!

シアリスの副作用は軽い?正規品はクリニックで入手!

2019年11月07日

現在日本では3種類のED治療薬が認可されていますが、シアリスは最も新しいED治療薬であり、2007年に認可され基本的には病院処方によって入手することができます。
全世界で1,000万人以上の利用者がおり、2013年には40%を超えるシェアを獲得するほどの人気を誇るED治療薬ですが、その魅力は圧倒的な持続時間と副作用が軽いことです。
シアリスは有効成分であるタダラフィルの含有量によって、5mg・10mg・20mgの3種類が販売されていますが、20mgの持続時間は36時間にも及びますから、金曜日に服用すれば月曜日まで服用する必要がありません。
また、食事の影響もほとんど受けないことも大きな特徴です。
これはタダラフィルの分子構造がブロック状であるため、ゆっくりと体内に浸透し、最高血中濃度を長時間維持できる特性を持っているためです。
タダラフィルの特性は副作用の軽さにもつながっています。
しかしながら、タダラフィルも他のED治療薬と同様に血管拡張作用がありますから全く副作用が発生しないわけではありません。
シアリスを服用した3割程度の人が、症状は軽いものの「頭痛」「ほてり」「鼻水」といった症状を実感していますから、対処法は認知しておく必要があります。
また、心臓病や糖尿病、血圧症などを患っている人は服用できない可能性があり、特に硝酸剤や一酸化酸素供与剤などは併用禁忌薬になりますから、シアリスと併用すると重大な健康被害を引き起こすリスクが高まります。
こういった副作用の症状や対処法を理解し、健康被害を回避するためには、クリニックで医師の診察を受けて正規品を処方してもらうことが最良の方法です。
シアリスの処方は保険の適用範囲外であり、自由診療となりますが、医師に服用の可否を診察してもらい、最適な用量のシアリスを処方してもらうことは安心感につながりますし、確実に正規品を入手できます。
また、万が一正しく服用方法を守ったにも関わらず重大な健康被害を被った場合には補償制度の対象ともなりますから大きなメリットとなります。

シアリスを手に入れるにはクリニックが安心

シアリスを手に入れるにはクリニックによる処方が安心といえるでしょう。
その理由はいくつかありますのでしっかりと覚えておくようにします。
まずはシアリスは医薬品であるため、ほかのED治療薬と比較すると副作用自体は軽いとはいえ副作用を引き起こしてしまうリスクはあることが挙げられます。
シアリスの副作用には頭痛・鼻水・顔のほてりなどが挙げられます。
またほかの薬と併用することによっても身体の異常に悩まされる可能性もあるため、こうしたトラブルに医師とすぐに連携がとれる体制があればトラブルを最小限に食い止めることが可能となります。
特にアレルギー症状がある場合や内臓などに疾患があって治療を行っている場合は、医師や薬剤師に相談することが求められます。
相談するときにはどのような薬を飲んでいるかなどは正直に報告するようにしましょう。
シアリスによる治療を受ける場合、EDになった経緯によっては健康保険が適用となることもあり、料金を抑えて利用することが可能です。
医師による処方を利用したほうが医師による診断やアドバイスを受けることができるのでクリニックを利用して処方してもらったほうが比較的安心といえます。
さらには、通販サイトを利用するときには中には偽物を購入してしまう可能性もあります。
業者により評価がばらつく傾向があるため、特に初めて利用する人はリスクを極力減らすためにも、最初はクリニックの医師から処方してもらったほうが安全といえるでしょう。
慣れてきた段階で通販サイトを利用して入手するとより安心できます。
基本的に、通販サイトの利用は自己責任となるため、少しでも不安がある人はクリニックを利用するようにしましょう。