• ホーム
  • バリフが製造中止?その理由とは

バリフが製造中止?その理由とは

2019年08月27日

バリフはレビトラジェネリックの中では高い販売実績を持つことで知られており、成分純度も高く、レビトラと同等の効果が得られると言われています。
製品はバリフ20mgの1種類のみであり、バルデナフィル20mgを主成分に持ちます。
飲み方は行為の約1時間前に1回1錠を服用し、服用約1時間後から6~8時間程度の持続効果があります。
購入に関しては許認可が行われていないために現地に赴くか個人輸入の2つしかなく、日本においては、そのほとんどが輸入代行業者によるものです。
バリフは、インド・ムンバイに拠点を置くアジャンタ・ファーマ社によって製造販売が行われていましたが、現在、製造は行われていません。
製造中止の理由にはレビトラを開発したバイエル社との裁判に判決が下されたことがあります。
バリフの元となるレビトラを開発したバイエル社はアジャンタ・ファーマ社に対し、レビトラジェネリックに関する製造・販売を巡っての裁判を起こしています。
2017年1月にインドの高等裁判所において、バリフの有効成分バルデナフィルを含む医薬品の製造停止が決定しています。
提訴に至る経緯は、バイエル社からの再三にわたる製造・販売中止要請をアジャンタ・ファーマ社が聞かなかったことがあります。
また、大きな点としてレビトラの特許が満了していないことがあり、裁判では特許権の侵害が争点になっています。
ジェネリック医薬品は、元になる医薬品の特許が満了した後に、初めて製造・販売をすることが可能となります。
バリフの場合、なぜこれまで製造・販売できたのか、また、インドでは可能だったのかという疑問があり、その答えはインドが持つ特許制度にあります。
一般的な医薬品の特許に関するものが製法特許と成分特許です。
インドの特許制度には製法特許のみがあり、そのために、成分は同じでも製法さえ異なればジェネリックとして販売をすることが可能になります。
つまり、アジャンタ・ファーマ社はインドでの製法特許を取得したことでバリフ製造・販売を合法と判断しており、結果としてバイエル社との係争へとつながっています。

通販サイトによっては在庫がまだ存在する

レビトラジェネリックは複数の種類がありますが、販売実績があり有効成分の純度が高いため、レビトラと同等の効果を得ることが出来るとして人気があったバリフですが、現在は製造がされていない状態です。
その理由としては、レビトラを開発した製薬会社がジェネリック医薬品を製造していたインドの製薬会社に対して、レビトラジェネリックに対する製造・販売を巡る裁判を起こしたことが原因です。
ジェネリック医薬品は特許が切れた時点で製造することが出来るようになりますが、レビトラに関しては特許が切れていない状態です。
このような状態でジェネリック医薬品を製造したことに対して違法性があるのではないかとも言われています。
これまでバリフを使用していた人の中には、バリフを購入することが出来なくなったことに対して残念に感じている人も多いのではないでしょうか。
製造はされていませんが、これまで製造された分に関しては、購入することが出来る可能性は残っています。
その方法としては、在庫のある通販サイトを利用するということです。
個人輸入代行業者の中には、バリフの在庫が残っているところもあります。
販売が停止されているわけではありませんので、在庫のあるところから購入することは違法ではありませんし、通関で止められてしまうということもありません。
ただし、在庫がなくなり次第、購入することも出来なくなってしまいますので、購入を検討しているという場合には、早めに購入をすることをおすすめします。
なお、これまで服用したことがあるという人はそのままで良いですが、初めて服用するという場合には、安全のためにも飲み方を確認してから服用するようにしましょう。